川島魂

代表の川島慎一をはじめ、川島不動産のスタッフが勝田台の魅力をレポートします!

Amazon

FO_Documental_S3_920x400_v2._UR460,200_FMJPG_

ここのところAmazon漬けです。
パイレーツ・オブ・カリビアンの最新作を観るためにシリーズをAmazonでレンタル。
一本199円はセブンズカフェのカフェオレLサイズより安いです。
クリックすればすぐに観られるのはいいですね。
気持ちよく作品に入っていけます。
画像もいいですし操作も簡単です。
実は風邪をひいてしまい、今日は家でゴロゴロしていました。
そこで以前より相当な広告をしていたイメージのAmazon prime、人志松本の「ドキュメンタル」を見始めました。
これはこれで結構楽しめました。
人の「笑い」のツボや壊れていく様を面白く見せます。
松本はとことんストイックに笑いを求め続けてきたことが実感させられます。
かなり挑戦的ですね。

さて、日経の電子版見てたら

米企業に「アマゾンパニック」 ウォルマートも2割減益

米小売り大手の米ウォルマート・ストアーズが17日発表した2017年5~7月期決算は、純利益が前年同期比23%減の28億9900万ドル(約3200億円)だった。17日の株価は前日比2%下落した。足元の業績以上に市場が不安視しているのがアマゾン・ドット・コムの存在。直接の影響を強く受ける小売りはもちろん、アマゾンが進出する業界には強い逆風が吹き荒れる。まさに「パニック」といっていい状況だ。

との記事が夕方出ました。
生鮮、衣料品、コンテンツと進出する分野で破竹の勢いです。
既存の業界の勢力図を一気に塗り替えます。
日本でもすでに小売部門では5位のシェアを持っているとか。

「全部Amazonになっちゃう」という、以前「Google」に対して感じたような気持ち悪さを感じます。
「独占」「支配」されてる感、です。

Amazonで買った「巨大な夢をかなえる方法」の中で紹介されているプリンストン大学でのベゾスの講演の一節。
10歳の時に祖父から言われた言葉。
「ジェフ、お前もいつか分かる日が来るだろうが、自分が賢くなることよりも、人に優しくすることの方が難しいのだよ」

強くなりすぎた時の謙虚さ、優しさが失われなければ良いです。

川島魂2017年8月18日(川島 慎一)

意思表示

先日、生命保険のセールスの営業を受けました。
内容は「認知症保険」。
先行している太陽生命、朝日生命がバカ売れらしく、55歳になった私はおあつらえの見込み客だったようです。
基本的に保険がキライな私は内容もよく聞かずに世間話だけして切り上げました。
私の親父も認知症でレビー小体型と診断されています。
ショートステイで過ごしていますが、身寄りがなかったり、経済的な支援を受ける当てがなければ、保険は有効であろうと思われます。
受け取れる金額と負担は置いといて、ですが。

これを契機にモヤモヤしていた事を考え始めました。
最近、相続や不動産の売却の相談を受けるときに多いのが「認知症」の壁。
「相続税の納税資金確保のために土地を処分したいが親が認知症で施設にいる。成年後見人をたてたいが手続きやその後の制約が分からない」
「施設に入った親の介護費用の捻出のために親の自宅を処分したいが成年後見人をたてても裁判所の許可を受けられるか分からない」

認知症により意思能力を認められなくなった人の財産処分や保全について困るのは家族だけではありません。
空き家、租税の滞納、放棄地。
相続人だけにとどまらない問題がここにあります。

そのために「成年後見制度」があり、介護保険制度と両輪で高齢社会を支える試みですが、高齢化のスピードが早すぎ、信託制度などの補完すべき制度が後手後手であったり、後見人の数と質の問題が追いつきません。費用も大きな問題です。

寄り道しましたが、私は法的な意思能力が認められない認知症と診断された場合に効力を有する、現在の意思を何らかで担保する制度が必要だと考えています。
もちろん死亡による相続ではありませんが、税制度も変更して財産移転時の税負担の軽減も一体で改正する必要もあります。
死亡時に効力の生じる遺言と同じ考え方で、本人の意思を死亡の前段階の認知症による意思能力の喪失時にも効力を有する意思表示の制度の創出です。
「個体死」により発生する相続を本人の意志に基づき、「個体死」→「脳死」→「認知症による意思能力の喪失」まで前倒ししようという意見です。
不動産や金融資産もそうですが、私の場合には自社株の移転が気になります。

そもそも脳死の時にも大きな議論になった「不可逆性」つまり元に戻らないという議論が延々と続きそうで、大きな政治的な判断を要する問題です。
しかし、高齢者からの資産移転による経済の活性化を計りたい政治と利害は一致しています。
若い人たちに一線で活躍してもらわないとこの国は先が暗いです。
もちろん最後まで第一線にいるつもりですが、不慮のリスクが高くなるのは老化の宿命ですから。

 

川島魂2017年8月16日(川島 慎一)

自動運転

昨日、Audiが「レベル3」の自動運転機能を搭載したA8を発表しました。
自動車メーカーは「自動運転」と内燃機関から次の動力源としての電気、水素、ハイブリットで試行錯誤しています。
フランスは2040年までに全ての車両をEVにする方針を打ち出し、ボルボは2019年には全ての車両をEVにすると発表しました。
自動車業界の技術革新は、新興の「テスラモーターズ」はもとよりアップルやアルファベットなどのITの巨人も参入をもくろみ巨大投資を継続しています。

私の車にも操舵支援としてライン跨ぎを行うとハンドルがバイブレーションする機能があります。
高速道路で速度を設定したスピードに保つ機能も進化し、先行車との車間を自動で調整し、加減速してくれてます。
今日、高速道路を走って「ラクだなー」と思って帰ってきたところでパソコンでYouTubeを確認すると登録しているチャンネルの一つ「WEB CARトップ」の新着が「最新運転支援システムテスト!」でした。
https://www.youtube.com/watch?v=ih3IoA5zoOo

普段はこのチャンネルでプロドライバーたちのテクニックや新型車の走行性能をチェックするのを楽しみにしています。
大好きな土屋圭一の「走る喜びを伝える」のキャッチの通りの内容です。

時代の流れの中で、サッキーとでタイムを縮めることが楽しい私などは絶滅危惧種なのかも知れませんね。
若い人の車離れの中、私たちの世代ほど情熱的な視線を車に向けさせることは困難になりつつあるようです。

人がどうであれ好きなことをやり続けるだけなんですが…

 

川島魂2017年7月12日(川島 慎一)

富山県朝日町

11日に姉の嫁ぎ先の富山県朝日町に車で出かけました。
親父が元気な時は毎年挨拶に訪問していました。
親父が出られなくなってからは私が忘れた頃にふらっとお婆ちゃんに会いに伺います。
片道420キロありますので、今回は前日の夕方に出発して途中軽井沢に一泊してなんとか居眠りしないで帰り着きました。
軽井沢でも早く起きてしまい、富山には午前8時頃についてしまいましたが迷惑省みず、そのまま訪問しました。
お婆ちゃんに挨拶して、お土産の和菓子をお渡しした後は姉ちゃん夫婦と2時間余り雑談です。
お決まりの、「家族」「仕事」「健康」「政治」などの世間話をしましたが一つ耳に残りました。
それは
「朝日町には500件の空き家がある」と言う義兄の話でした。
出処は役場の職員の話らしく、その時は「多いんだな〜」位でした。
町の人口も把握していませんでしたので、漠然とした感想でしたが気になって町のホームページを確認しました。

今日現在で掲載されているのは48件。
実際はもっと多いと言うことでしょう。
ここで分母が分からないとイメージできませんので、人口動態を確認したのが下のイメージです。

スクリーンショット 2017-06-14 20.32.04

人口12,246人で

スクリーンショット 2017-06-14 20.36.08

世帯数は4,514ですから空き家率は11%です。

更に気になるのは人口が増加したのは昭和60年の一度きりで、減少傾向に歯止めが掛かる気配が全くないことと、生産年齢の人口割合、高齢化率では既に2060年、人口9000万人の日本の状況を実感させる環境となっています。

スクリーンショット 2017-06-14 20.45.17

「限界集落」と田舎扱いして済ませる環境ではないです。

就労者の生産性をあげることが企業経営に携わる私の義務だと、改めて考えさせる良い機会をいただきました。

 

川島魂2017年6月14日(川島 慎一)

生老病死

話題の経済産業省の若手官僚がまとめた報告書「不安な個人、立ちすくむ国家」に目を通しました。

「シルバー民主主義」や「昭和の標準モデル」など過激なコトバで現状を表現し、高齢者に偏重した予算配分を見直して子どもや教育への予算を優先的に確保するように提案。限界を迎えつつある社会保障制度に対しても「高齢者が支えられる側から支える側へと転換するような社会を作り上げる必要がある」と提言しています。

賛否あるようですが、私はかなり共感できました。
「国家百年の計」である子供たちへの教育の義務が高齢社会の中で確実になおざりにされ(学ぶことの意義を社会全体で共有できる状況にないのと格差の固定化の中で教育格差も固定化されている)、高齢社会のコストの増嵩にひたすら不安感ばかり煽られる現状が俯瞰的に良く理解できましたので。

タイトルの「生老病死」ですが気になっていて保存しておいたロイターの記事からです。

続続・日本人と死の覚悟

 

「生老病死」は仏教で四苦と言われるが、この場合の苦は苦痛ではなく「ドゥフカ=思い通りにならないこと」を表す。年を取れば身体的に様々な不都合・不具合が起きてくる。何とかしてくれるとの期待から、医療にすがる人が多いが、「生老病死」は本来思い通りにならないのがあたりまえ。死にこだわるのではなく「死を視野に置いて今を生きることの重要性」をインタビューの中で医師が語っています。

「家で死にたい」「意思能力を失ってからの延命は迷惑」「口から食えなくなったら動物としての寿命」
私の思いと共通していますし、前述の官僚のレポートにも添います。
ギルガメッシュ・プロジェクト(不死を目指す科学的なアプローチ)が進行していますが、幸福に生きたいと思う私には、ここらあたりが今の実感のようです。

 

 

川島魂2017年5月24日(川島 慎一)

サーキットその後

車を改造しました。

足回り(ショックアブソーバー・コイル・ブレーキ)、シート、ハーネス、ロールゲージ、オイルクーラー、タイヤ交換です。
写真は先月30日に袖ヶ浦フォレスト・レースウェイで行われた袖ヶ浦マル耐の時のものです。
写真の車はスタートで走った有限会社鈴木自動車のS2000です。
結果は総合18位、クラス別5位。
それぞれ36チーム、10チームですから真ん中です。

マラソンあり、タイヤ交換あり、クイズありのお遊びのレースですが雰囲気はよかったですし、もちろん真剣に走りもしました。
しかし、ベストラップタイムは本当に不本意でして、ゴールデンウイーク中に三回走行しました。
悔しくて。
やっと出ました21秒台。
この状態であと2秒は絶対に縮められると考えています。
課題も見えています。

とは意気込んだものの、実はこのタイムの直後に第一コーナーのグラベルに突っ込みました。
大破せずにすみましたが、もう少し全体的に優しく乗ります。
その方がタイムも良くなり、車の消耗も少ないのは承知しています。

分かっていても力むのはどんな場面でも、ですよね〜

IMG_3967IMG_3965

川島魂2017年5月12日(川島 慎一)

三遊亭圓歌

三遊亭圓歌師匠が先月亡くなりました。
子供の頃に毎日のようにテレビに出ていた「歌奴」。
「山のあな」で一世を風靡し、その後テレビの出演を控えていたようですが残念です。

東洋経済の記事がきっかけで動画を見ましたが、この「中沢家の人々」は高齢化社会を生きる我々にいろんなことを伝えてくれているように感じてなりません。

 

川島魂2017年5月11日(川島 慎一)

俺ら東京さ行ぐだ

 

NHK「クローズアップ現代+」でも紹介された写真のサピエンス全史(文明の構造と人類の幸福)をやっと読み終わりました。
「やっと」と言うと面白くなかったと思われてしまいそうですが、真逆で、久々に面白い本と出会った印象です。
なんとも知的興奮よりも早起きする習慣による睡魔の力が勝り、電気を付けっ放しで読書を中断してしまった夜も多いです。(私は布団で読む習慣です)
人類250万年、ホモ・サピエンスの7万年に及ぶ活動を通観し、地球誕生45億年の中に位置付けています。

そしてサブタイトルのテーマである「幸福」と言う観点から文明の変遷を冷静に、そして淡々と記述していきます。
歴史の進展の中で、人類の幸福は増しているのか? と。
私は55歳になりましたが、「パソコン登場」「平和」「IT革命」「グローバリズム」「偏差値」「バブル経済」と結構価値観が揺さぶられたり、仕事や考え方を急激に変化させなければいけない場面を経験しています。
「昔はよかった」と年寄り臭い懐古趣味はありませんが、いつもスマホで情報やメールをチェックしSNSの書き込みに一喜一憂している自分に「アホらし」と思う瞬間は多くなっています。
便利は人を本当に幸せにするのか?
後戻りしたいとは決して思いませんが、忙しない時の流れに疑問を持つことは誰しもだと思います。
そんな日常で暮らす現代人には「鳥の目の鳥瞰」を超えて「人工衛星インテルサットの視点」を提供してくれます。

第一部 認知革命
第二部 農業革命
第三部 人類の統一
第四部 科学革命

と四部構成となり、全部で20章となりますがどこを読んでも面白いです。

インテルサットからの視点ですからよーく全体が見えて色々考えさせられますし、見る(読む)場所によって現代の位置付けや自分の人生を規制している様々な哲学的な背景をも再考する良い機会を与えてくれそうです。

上巻の最後のくだりが私を含めた現代人の悩ましい問題を上手に表現してくれています。

私たちの眼前で生み出されつつあるグローバル帝国は、特定の国家あるいは民族集団によって統治されはしない。この帝国は後期のローマ帝国とよく似て、他民族のエリート層に支配され、共通の文化と共通の利益によってまとまっている。世界中で、次第に多くの起業家やエンジニア、専門家、学者。法律家、管理者が、この帝国に参加するようにという呼びかけを受けている。彼らはこの帝国の呼びかけに応じるか、それとも自分の国家と民族に忠誠を尽くし続けるか、じっくり考えなければならない。だが、帝国を選ぶ人は,増加の一途をたどっている。

グローバル経済の重圧の中で、人口減少によるパイの収縮がはっきりしている日本で事業を営み続けて良いのか、世界に一歩踏み出すのか。
規模の大小に関わらず経営を担う人は均く悩んでいます。

吉幾三が悩んだように。

51MSnnvzg7L._SX336_BO1,204,203,200_

川島魂2017年5月10日(川島 慎一)

有朋自遠方来 不亦楽

logo

私が役員をしているお寺で以前パンフレットを作成しました。
お願いしたのは千葉大学の学生から起業したベンチャーで広告を手がけている会社。
アドラボ
随分お世話になりました。
自社ホームページはもちろんですが、YouTubeができる前に動画の撮影をお願いして広告を作成したりと。
関わった選挙の候補のサイトも作ってもらいました。
WEBの草創期のリアルタイムの情報はこの会社の代表から得ていました。
塩田君の大学の後輩ということもあり、三人で会うこともしばしばで、塩田君の結婚式にも参列してくれました。
千葉市内の雨漏りのするビルで二人でコツコツ仕事をしていた彼らが今は青学の隣のビルで、社員も増え、売り上げも10億を超えたのを聞いていました。

昨日私の机に「アドラボの・・・様よりTEL」のメモがあり、折り返すと女性が冒頭のパンフレットを自社の制作事例に掲載しても良いかという問い合わせでした。
「じゃんじゃん載せなさい」と答えた上で、「社長いる?」
偶然にも居ました。

「面白いことある?」「今年は創業20周年でなんか考えてんの?」と、軽い口調です。
「ニューヨークに支店出します」、「ベトナムでフィンテック使った決済事業が面白そうです」と、いきなりワクワクする話を切り出しました。
具体的な話はサワリだけでしたが、早速近々会うことにし、GW明けに連絡することにしました。

動脈硬化ならず「人脈硬化」で発想がみみっちくなりがちですのでワイドオープンに行きます。

「朋有り、遠方より来たる。亦た楽しからずや」
論語の学而ですが、実感です。

 

川島魂2017年4月18日(川島 慎一)

分類

最近早く目が覚めます。

ひどい時は3時です。
二度寝できればいいんですが諦めて起きてしまうことの方が多くなりました。
ニュースをチェックするには長すぎる時間ですので多くはYouTubeや映画を観て過ごします。

今朝はGoogleドライブの整理をしました。
仕事や個人のドキュメントは会社も含めてGoogleドライブをクラウドとして利用しています。
無数のドキュメントとフォルダ。
私の仕事の多くは「決裁」にありますので、資料のやり取りの場である「Gmail」からそのままクラウドに保存することが多くなります。
加工後に返信したり、自分で作成したドキュメントを発信したりが私の仕事の中心です。
要するに結論を出しています。

ここまではいいのですが、結論を出したドキュメントが整理されていませんでした。
多少のフォルダの作成くらいで、ほとんど未整理で放置状態。
関連付けも皆無。

3時間かけて分類から関連付けを行いました。
面白いです。
自分が何に関心があったり、あるいは何に関わりを持っているかが俯瞰的に理解できました。

平素しゃべっていることも、当然ですがこの中にタネがありました。
言い換えると、ドキュメントの分類は自分の脳の中身を覗くような作業だと痛感します。
一方で、自分の関心が固定しかけているのではないかとの心配も出てきました。
「そういえば最近情報のインプット足りてないな〜」

朝からいい「気づき」できました。

スクリーンショット 2017-02-05 6.35.11

川島魂2017年2月5日(川島 慎一)

1 / 1912345...10...最後 »
トップへ戻るぼたん